決定版!!牡蠣の栄養とサプリの選び方

決定版!!牡蠣の栄養とサプリの選び方

亜鉛

牡蠣に含まれる栄養素として一番有名なのは亜鉛ですよね。
亜鉛はミネラルの一種で、私たちの身体には欠かせない栄養素となっています。
2000種類以上ある酵素のうち、約300もの酵素の組成に関わっていると言われており、その効果は幅広いものがあります。
また、亜鉛不足で身体に不調が起きてしまうということもあります。

 

亜鉛は、体重70Kgの男性で体内に2.5g保有していると言われ、足りないときにはそれらが使われるということになります。
しかし、貯金を減らさないためにも、亜鉛は毎日しっかり摂取するということが大事となります。
食事やサプリメントを利用して、亜鉛不足にならないようにしましょう。
特に男性は、男性機能として重要な生殖に関する臓器に亜鉛が多く使われるということもあり、不足することで男性不妊になることが分かっています。
では女性は?ということになりますが、女性も女性ホルモンの分泌の異常や肌のトラブル、貧血などあらゆる問題が起きることが分かっています。
子どもも同様です。子どもは、成長中というだけあって亜鉛不足になると身長の伸びに影響したり、脳の発達にも影響することが分かっています。
亜鉛は、年齢、性別関係なく不足してはならないものだということが分かります。

 

人気の牡蠣サプリはこちら

たんぱく質

牡蠣には、多くのたんぱく質が含まれていることで知られています。
男性の精力に関する問題を解決すると言われているアルギニンをはじめ、リジン、ヒスチジン、フェニールアラニン、チロシン、ロイシン、アスパラギン酸、トリプトファンなどその種類は体内で合成されないアミノ酸である8種類の必須アミノ酸とその他10種類以上のアミノ酸が豊富に含まれています。牡蠣ひとつの食品でここまで多くのたんぱく質が摂取できるというのは素晴らしいことです。
よく、「高たんぱく低カロリー」と、体内によりよい効果を発揮する食品を紹介することがありますが、まさにこれは牡蠣のことなのです。牡蠣は低カロリーの食品としても有名です。
特に、旬の時期になるとその栄養価が増すということが言われていますから、牡蠣の旬の時期である秋から冬にかけては、おいしいだけでなく栄養価の高い牡蠣を食べることができるのです。
牡蠣を使ったサプリメントの多くが、旬の時期の牡蠣を使用して作られているのも納得できます。

 

たんぱく質は、私たちの身体を構成する筋肉、細胞、血液などに含まれています。筋肉を構成するために作られています。
筋肉を付けたいという人が、たんぱく質を多く摂取するということからも分かりますね。

タウリン

タウリンは、魚介類を中心に多く含まれている成分です。特に牡蠣に多く含まれることが分かっています。アミノ酸の一種であり、私たちの身体のあらゆる臓器に含まれているものです。心臓や脳、筋肉などに含まれます。
タウリンの機能は病気の予防、改善ができることで有名です。高血圧、高コレステロール、血糖値が高いと言われるような生活習慣病に関するものに効果を発揮することはもちろんですが、肝臓の疲労やからだのむくみにも効果があることが分かっています。
特に中年以降の男性の多くが求めている効果ではないかと思われます。
慢性的なアルコールの摂取で、肝臓がお疲れという人、脂肪肝になってしまっている人、このような人はタウリンを摂取することで症状の緩和が可能です。
仕事上の付き合いや接待などでアルコールを飲む機会が多いという人も、予防のためにタウリンの摂取は意識した方がいいでしょう。
病気は予防が肝心です。

 

タウリンにはその他の効果もあります。よく栄養ドリンクのパッケージで見かけるのが、タウリン○○mg配合の文字ですよね。
そのことからも分かるように、疲労回復効果があるのです。
疲れ気味で栄養ドリンクばかり飲んでいるという人、意外と多いようですが、カロリーの摂取のし過ぎになると言われています。
疲れを取るのなら、牡蠣の方がおススメですよ。

 

牡蠣エキスをこだわりたい人はこちら

グリコーゲン

グリコーゲン、聞いたことがあるけれど、どのような機能がある成分なのかいまひとつ分からないということが言えるでしょう。
グリコーゲンは、私たちの体内でエネルギーを一時的に保存しておくために欠かせない物質です。いわゆる金庫のようなものでしょうか。
このグリコーゲンが不足すると、スタミナ低下や運動能力が低下すると言われています。
グリコーゲンが普段蓄えられているのは、筋肉と肝臓です。
空腹時の血糖維持に役立つと言われていますが、血糖維持はとても大切なことです。血糖維持ができないと、イライラや精神的な不安定に繋がりますが、これは脳のエネルギー源が不足してしまうために起こるとされています。また、急な眠気に襲われたり、うつの症状が現れたりと困った症状に悩まされるということになります。
血糖値の急激な低下で、手足の震えや動悸や冷や汗が起きるとされていることから、血糖値の維持がどれだけ大切なものであるかが分かるでしょう。

 

この他にも集中力を高める効果があるので、仕事や勉強、スポーツなどあらゆる場面で必要な成分であることが言えるでしょう。
自分の能力を充分に発揮するためには、必要なものだということが分かります。
さらに、疲労回復効果があるということで、現代人の多くに是非摂取して貰いたい成分であることは確かでしょう。

ビタミン

牡蠣には多くのビタミンが含まれているということが知られていますが、どのような種類のビタミンが含まれているのでしょうか。
含まれているビタミン別に説明しましょう。

 

ビタミンA〜目に効果があるということで有名です。皮膚や粘膜の免疫力アップ、がんを予防する効果があります。がん闘病中の人がにんじんジュースを常に飲んでいるということを記事で見かけますが、あれはビタミンAを多く摂取するという意味で大切なのでしょう。

 

ビタミンB1、B2〜ビタミンB1、B2は疲労回復効果から、生活習慣病の予防と改善効果、成長を促進させる効果など多彩なはたらきがあります。成長を促進させるというのは、身長を伸ばすという意味だけでなく、細胞分裂にも関与しているものです。

 

ビタミンB12〜牡蠣と言えばビタミンB12と言われるように、ビタミンB12が豊富なことで有名です。ビタミンB12は、神経機能を正常にする効果があるので身体の痛みの緩和に効果があります。痛みを訴えて病院へ行った際にビタミンB12を処方されるということはよくあることです。また、神経機能を正常にはたらかせる効果もあります。また、悪性貧血にも効果があるということがわかっています。

 

ビタミンC〜美容と健康に効果のあるビタミンということで有名です。美肌効果、美白効果はもちろんのこと、免疫力アップやストレスの緩和にも効果があります。

 

この他にも、ビタミンB6、コリン、イノシトール、ビオチン、葉酸などが含まれることが分かっています。
ビタミンは種類によって、はたらきがさまざまであり、そのどのはたらきも身体には重要なものであることが言えます。

関連リンク

404 Not Found
 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ